主婦がキャッシングによる借り入れを利用する際の注意点

メニュー

サブメニュー

主婦がキャッシングを利用する

家計を預かる主婦がキャッシングをするケースも増えています。家計が大変で生活費の足しにしたい、習い事や保険などの出費がかさんでお金が支払えない、もしくは自分で自由に使えるお金が欲しいなど、その動機も様々です。

 

主婦でもお金を借りられるのか、主婦がキャッシングする時に気を付ける点は何か、主婦ならではの不安や疑問などについて、まとめました。

 

 

主婦でもキャッシングはできるのか

これからお金を借りようと考えている主婦にとって、そもそもキャッシングで借りられるのかは疑問点の1つとなるでしょう。基本的に主婦でもキャッシングは申込み可能ですが、パートなどの収入があるか、専業主婦かで、申込み先が変わってきます。

 

もしもパートなどの収入があるならば、主婦でもキャッシングは可能です。消費者金融や銀行のキャッシングに申込みができます。パートでは収入が少ないから申込みできないと考える主婦もいますが、大切なのは収入の多さではなく、借入と収入のバランスです。収入に見合った借入額であれば、パートの主婦でもキャッシングの申込みができます。

 

ただし、専業主婦の場合、自分自身に安定した収入がありません。専業主婦は消費者金融のキャッシングに申込んでも断られてしまいます。ただし、銀行のキャッシングの中には、専業主婦でも申込みを受け付けている所もあります。もしも自分が専業主婦なら、銀行のキャッシングを探しましょう。

 

専業主婦でも借りられるかは銀行キャッシングの利用条件をよく確認する必要があり、確認をせずに銀行ならどこでも専業主婦でも借りられると考えてしまうと失敗をしてしまう可能性があります。

 

特に注意をしておきたいのが保証会社から考えると専業主婦でも借りられそうと感じられるオリックス銀行の借り入れは専業主婦では利用が不可となっているため、申し込みの際には注意が必要です。

 

キャッシングに必要な書類は何か

キャッシング申込み時には必要書類がありますが、必ず求められるのが本人確認書類です。免許証を持っているならば、免許証で本人確認が取れます。免許証がなければ、保険証や住基カードでも代用できますが、申込み先によっては住民票などの補助書類を求められる場合もあります。

 

自分自身が働いているのであれば、基本本人確認書類のみで受付が可能ですが、自分自身に収入がなければ配偶者の収入を条件に貸付けを行う場合があります。この時、申告のみで受付可能な場合もありますが、補助書類を求められる場合もあります。

 

例えば配偶者の収入証明書類、配偶者の同意書などを求められる場合もあるので、事前に確認した方がよいでしょう。

 

借入れと返済はどれ位が目安なのか

フルタイムのOLなどでなければ、主婦の収入というのはそれ程多くなくても仕方がありません。もちろん収入が少なくてもキャッシングの申込みは可能ですが、多額の借入れは難しいでしょう。

 

例えば専業主婦やパートの主婦の場合、借入限度額は10万~30万円が目安となります。限度額としてはそれ程大きくはありませんが、それでも使い道自由で何度でも借入れできるので、何かと重宝するでしょう。

 

また、限度額が少ない分、返済の負担もそれ程大きくないというメリットもあります。キャッシング会社にもよりますが、例えば10万円程度の借入れであれば、毎月の返済額は2,000円~5,000円程度が相場です。配偶者の収入から返済するのであれば、ボーナス時には大目に返済するという返済の仕方も可能です。

 

家族にバレずに借りられるか

お金を借りる事情は人それぞれですが、知られたくない秘密がある、心配をかけたくない、などの理由で、家族に内緒でお金を借りたいという主婦もいます。実際主婦の場合、金利よりも家族バレを気にする人が多い位です。

 

キャッシングの情報も個人情報なので、家族であっても利用明細や履歴などを開示してはいけません。例えば配偶者がキャッシング会社に問い合わせをしても、借入金額はもちろん、契約をしているかどうかすら教えてはもらえません。

 

主婦がお金を借りる時には、配偶者の同意書を求められるかどうかが、秘密にする上では重要です。

 

そもそも大手の消費者金融では配偶者の同意があるとしても専業主婦での借り入れは利用ができないところがほとんどなので、主婦の方がキャッシングでお金を借りるなら専業主婦ではなく、パート主婦などの自身で安定した収入を得ている必要があります。

 

収入があれば契約機を使った最短即日融資も可能となっているので、すぐに借りたい主婦の方は千葉市の消費者金融を参考にしながら契約手続きを進めると良いです。